Doorkeeper

大人の農業体験!淡河(おうご)つるまき農園で収穫する今年の芋!

2019-10-09(水)10:00 - 14:00

つるまき農園

兵庫県神戸市北区淡河町行原451−1

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

2,000円 会場払い
現地集合・現地解散になります。

5人の参加者

すべて見る

詳細

神戸の魅力を発見する!神戸・元町インバウンド協議会のオープンテストツアー。

今回の場所は、神戸市北区淡河(おうご)。
三宮からも車でわずか30分でこれるこの場所には懐かしさを感じさせる田園風景が広がります。

かつて、淡河は有馬へ湯治へ向かう人々の宿場町として栄え、
その中心には本陣と呼ばれる大きな宿がありました。
70年間、空き家となり朽ちつつあった本陣を2015年、地元の有志の力で再生。
コミュニティスペース、カフェ、ワークショップ会場など様々な利用とともに、趣ある佇まいは、映画の撮影場所にもなっています。

そんな淡河の中心からほど近い場所に今回のリアル農業体験会場「つるまき農園」があります。
農園主の鶴巻さんは、東京出身の移住者。
地域コミュニティ活動もされ、本陣跡を再生させてメンバーでもあります。

今回のツアーは、いくつかテーマがあります。
その中心がサステナビリティ。
イメージの持続可能性ではなく、本当に継続していけるのかどうか。

そのため、今回のツアーでは、数多くある、子ども向けの芋ほり体験でも、
観光農園体験でもなく、本気で芋を収穫します。

鶴巻さんが体験用に用意している畑ではなく出荷用の芋畑。
通常の芋ほり体験では、事前につたをきったり、土を軽く耕したり、芋ほりしやすくしていますが、
今回はまったくそんなことはなし、一から芋ほりです。

2時間、作業に精を出したあとのお昼ごはんは、
農園に隣接する鶴巻さんの自宅前で、羽釜で炊く新米ごはん。
そして淡河の野菜具だくさんの味噌汁。
縁側で一休み。そしてもうひと仕事。

秋空の下、農作業で汗をかき、
身土不二。シンプルだけど自然の恵みを感じるランチをいただく。
神戸のアナザースカイを体験してみませんか。

【日時】2019年10月9日(水)
    10:00~14:00
【集合場所】つるまき農園 神戸市北区淡河町中山439-2
https://goo.gl/maps/FFCgYC1KVmEzzQ6R6

【アクセス】各自現地にお越しください。無料駐車場有。
    車でない方は、申込の際に、車でない!を選択してください。個別にご案内差し上げます。
【持ち物】長靴、手袋
【締め切り】10月7日、もしくは定員に達し次第
【雨天の場合】中止 ※前日20時までに連絡します。
【主催】神戸・元町インバウンド協議会 × つるまき農園
【定員】10名
【現地ガイド】鶴巻
【参加費】2,000円 
※当日現地でお支払いください。できるだけお釣りのないようにお願いします。
※参加費にはお昼ごはんが含まれています。

【タイムスケジュール】
9:30  受付開始
10:00 農業体験
   ・事前説明 
   ・道具、作業方法、注意事項の説明
   ・収穫開始
12:30 昼休み
13:00 収穫再開
14:00 終了

※ご不明な点等ございましたら、info@walkkobe.com までお気軽にお問い合わせください。

コミュニティについて

神戸元町インバウンド協議会

神戸元町インバウンド協議会

神戸元町インバウンド協議会は、 三宮・元町を中心にはじまり、今は兵庫全体へインバウンドテーマに地域連携づくりの活動を行っています。 主な活動は ・インバウンドミーティング(月1回、第3木曜の19時から)  毎回インバウンドの現場で活躍する講師を迎えての勉強会とバズセッション ・インバウンドコミュニケーション(月2回ネイティブの留学生とベテラン講師による少人数レッスン。現在は英会話のみ) ・イ...

メンバーになる